読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人3年生女SEのブログ

社会人3年目です。SEやってます。目標は彼氏つくること。

ネットワークビジネスをしてる人の家に行ってみた

先週同期の勧めで参加したコミュニケーションセミナー。 2時間45分という長丁場のセミナーでしたが、楽しく終わりました。 (実際どんなビジネス書にも書いてあるような薄っぺらい内容でしたが)

しかもその講師の名前を検索するとネットワークビジネスをやっている方だそうで。

勘違いしないでほしいのですが、私ネットワークビジネスには興味ありません。

あの宗教チックなところが苦手です。

実際才能がある人には最高のビジネスだと思うけど、あまりにもネットワークビジネスで失敗してる人の方が多いですし。

そして今日その講師の家に行くという何とも不思議な企画に誘われたので行ってきました。 しかも開始時間が平日22時からという深夜。

誘われた方になぜ夜中なのか理由を聞くと、

「ほら!忙しいからあの人!」

とかって、忙しい時間をとってまで会ってくれるんだよというニュアンスで行ってきます。

しらけながらも、怪しい会にお邪魔することにしました。

● お金持ちの家に行く

21時にグランフロント大阪で集合して、 21時半から家の前で待機です。

クソ寒い中、開始時間の22時まで待機です。

理由は、「電話がかかってきたらすぐに入れるように!」とのこと。

寒さで死ぬかと思いました。

もう頭おかしくなるくらい寒くて、 だんだん麻痺してきました。

家はグランフロントの隣の建物。35階建です。

いいとこ住んでます。

「俺みたいになればこんなとこに住めるぜ」的な勧誘が待ってるのかな〜とか思いながら広いロビーを進みます。

そこの何十階に家はありました。

笑顔で出迎えてくれる講師。

「この前はありがとうございました〜^^」

「とっても素敵な方だと聞いております〜^^」

会って早々いろいろ褒めてきます。

部屋はオシャレですが、なんか違和感が…

そう、狭いんだ。

聞くところによると1Kで今の私の家より少し広いぐらいでした。 やっぱりいくら大阪とはいえ、家賃20万そこらじゃ大阪駅近くで広いとこは無理だよな〜。なんて思うとさらにシラけてきました。

ビジネスの話、人生の話などをひとしきりしたあと、ある本を勧められました。

「金持ち父さん貧乏父さん」

「読んだことある?これすごくいいよ!僕はこれを読んで感銘を受けたんだ!」とかって大げさに言われました。

有名な本ですよね。 私は大学生の時に読みましたが、特に感銘は受けませんでした。

「読んだことあります」

と興奮してきた講師に対して冷静に回答すると

その次は

同じシリーズで「キャッシュフローなんたら」という本をまた勧められました。

金持ち父さん貧乏父さんで感銘を受けて、このキャッシュフローなんたらを読んだことが起業するきっかけになったそうです。

…ふーん

もうどんどんシラけてきました。

もう帰りたいしこれ以上ビジネスの話をしても生産性も何もないな。

「なんか質問あるならしたほうがいいよ!」

ってすすめられたので

「彼女いないんですか〜?><」 「好きなタイプは〜?><」

って超どうでもいい話題で交わしました。

そうこうしていたら1時間もたっていて、 まだ仕事が残っているからと帰されました。

大したことないな。

そんな感覚だったのですが、一緒に言った子は「やっぱりすげーな」とかってすごい興奮してました。

わたしがおかしいのかもしれません。

後日談

家に帰ってさっそくネットサーフィンすると、元ネットワークビジネスを行っていた方が書いているブログがありました。

そこには「金持ち父さん貧乏父さん」と「キャッシュフローなんたら」はネットワークビジネスのバイブルだと書かれていました。

また今回のお宅訪問のような形で、忙しい合間を縫って時間をとったと言い面談をすることもよくあるそうです。

そうやって自分のビジネスの子にしていくんでしょうね。

ネットワークビジネスと大学生の頃になんとなく読んだ金持ち父さんが結びつくなんて思いもしませんでした。

大阪にもいろんな人がいるもんだ。